Today 2021年5月9日

単身赴任をスムーズに!すぐにするべき準備3つ


自宅と赴任先の家計配分を決める

単身赴任で考えなければいけないことの1つが、家計についてです。単身赴任中は、自宅と赴任先の2つの居所ができることになります。赴任先で生活を維持するためには、それなりの予算を家計からたてなくてはなりません。赴任先での生活費はいくらにするのか、どのように捻出するのかなどをしっかり検討しましょう。ここで赴任先の家はどの程度の家賃で探すかなども考えます。

赴任先の家探しをする

次に行うのは家探しです。物件はシーズンによって数の多い・少ないがあります。最も物件探しがしにくいのは、学生や社会人が春の新生活に向けて一気に引っ越し準備に入る2・3月。この時期は良い物件はすぐになくなってしまうので、できる限り早めの行動がカギを握ります。家賃、間取り、周辺環境などのほか、職場への通勤のしやすさも考慮しながら探しましょう。

なお、物件をすみやかに決定するコツは、あまり条件を欲張り過ぎないことです。あれもこれもと盛り込むとなかなか合致する物件が見つからず、探しているうちに良い物件が次々になくなっていって選択肢が狭まります。繁忙シーズン以外であれば、ある程度ゆっくり選ぶ余裕があるかもしれませんが、引越しが集中する時期は譲れない部分と妥協点を用意した上での物件探しをおすすめします。

赴任先への引越しスケジュールを計画する

赴任先の居所が決まったら引越しスケジュールを決めましょう。前項で触れた通り、3月頃は特に引越しが集中しやすい時期です。引越し業者のスケジュールが全て埋まってしまい、予約すらできないという場合もあるので、日程の計画がたったらすぐに引越しの手配をしましょう。

単身赴任の家具をそろえるのに、赴任期間が1年などの長期であれば、購入するという選択肢もありますが、1ヶ月など短期であればレンタルのほうが安くつく場合があります。

Top